日本の伝統芸能 文楽 浄瑠璃

【文楽 浄瑠璃の歴史】
浄瑠璃の原型は、室町時代と考えられています。
はじめは、盲目の楽人が「平家物語」などを、琵琶の演奏にあわせて語って聞かせていました(いわゆる琵琶法師)。
その後、今日の三味線がうまれ、人形浄瑠璃と結びつき大きく進歩しました。
そのころの浄瑠璃は、縁起物や武勇伝が多かったのですが、竹本座をおこした竹本義太夫・近松門左兵衛門出現により、「曾根崎心中」に代表される世話物という新しいジャンルを確立し、大きな人気を呼びました。
また、義太夫の弟子が豊竹座をおこし、竹本座と対照的な芸風をもって互いに競争し操り浄瑠璃の全盛期を作りあげたました。
一時は隆盛を極めた竹本座も衰退したのち、19世紀始め頃、植村文楽軒が大阪に人形浄瑠璃の小屋を建てました。
そして明治5年劇場の移転を機に、その名称を文楽座し、往年の竹本・豊竹の二座対立時代を思わすような華やかな一時代を展開しました。
人形浄瑠璃の人気は高まり、技芸の向上も目覚ましく、明治の黄金時代を作り出しました。
後の文楽座は対立する彦六座系の大夫・三味線・人形遣いを1つに包含することになり、人形浄瑠璃の古い歴史と正しい伝統を受け継ぎました。
「文楽」が人形浄瑠璃と同意語として用いられるようになったのはそのためです。

■協会・団体サイト
日本の伝統芸能 文楽 浄瑠璃

activity organization site

■大夫、三味線、人形遣いサイト
日本の伝統芸能 文楽 浄瑠璃

actor site

■個人のクールサイト
日本の伝統芸能 文楽 浄瑠璃

Personal cool site

【文楽の基礎知識】

●太夫/登場人物のセリフと心情、情景の語り
●三味線/太夫の語りと一体になって義太夫節の情を表現します。
●人形遣い/人形一体を三人の人形遣いが操ります。
主遣いが人形の首、右手を操作、左遣いが人形の左手を操り、
足遣いは両手で人形の両足を操ります。

activity organization site

Actor

大夫、三味線、人形遣い
(敬称略、順不同)

文楽について興味をお持ちの方のお役に立てれば、という気持ちでご紹介しています。
但し、当方はリンク先が提供する情報に関し一切関与していませんため、免責事項をご一読の上、リンク先サイトのご利用お願い致します。

お選び下さい。
掲載無料です。お申込はこちらから

Shop

関連商品

関連商品の販売店をご紹介しています。
但し、当方はリンク先が提供する情報に関し一切関与していませんため、免責事項をご一読の上、リンク先サイトのご利用お願い致します。

  • Shopping Site

    Under Construction

掲載無料です。掲載お申込はこちらから

Personal cool site

日本の伝統文化・伝統芸能・伝統芸術
日本の伝統文化・伝統芸能・伝統芸術
当ページに関連する素敵なサイトがあれば推薦して下さい。掲載は無料です。お申込ははこちらから。
当サイトはボランティアで成り立っておりますので、各種広告スペースが挿入されます。ご了承下さい。