日本の伝統芸能 歌舞伎

【歌舞伎の歴史】
歌舞伎のルーツは「かぶき踊り」でした。
出雲のお国という女性が安土桃山時代に「ややこ踊り」という幼女の踊りを踊って人気を得、その後江戸時代初頭に「かぶき踊り」と名を改めためました。
「かぶき踊り」は主に女性が踊っていた事から、「歌舞する女」の意味で「歌舞姫」、「歌舞妃」、「歌舞妓」などの表記が用いられていました。
その踊りは当時の流行歌や風俗、奇抜なファッションを取り入れたもので、たちまち大流行しました。
やがて遊女や若衆(少年)らが歌舞伎踊りをして客を招くようになると、江戸幕府は“風紀が乱れる”という理由から舞台に上がることを禁じるようになったのです。
そこで次に登場したのが、成人男性中心の「野郎歌舞伎(やろうかぶき)」。
歌舞伎を男性だけが演じる過程で「女方(おんながた)」も生まれ、今日の歌舞伎の基礎ができ上がりました。

■協会・団体サイト
歌舞伎

activity organization site

■歌舞伎俳優サイト
歌舞伎

Kabuki actor site

■個人のクールサイト
歌舞伎

Personal cool site

【歌舞伎の基礎知識】

●演目/大きく「時代物(じだいもの」と「世話物(せわもの」に分けることができます。
●時代物/武士の世界を描いたもの。
●世話物/町人の世界を描いたもの。
●大向う/歌舞伎通が役者にかける屋号。芝居を盛り上げる重要な要素です。   
●黒衣(くろご)/舞台にいないものとして扱うのが歌舞伎の暗黙のルールである。   
●隈取/顔に線を描いた化粧法、元々は血管や筋肉を誇張するために描かれた。
●見得/見せ場において役者がポーズを決めて制止する事。
●屋号/「明石屋」「音羽屋」「澤瀉屋(おもだかや)」「加賀屋」「紀伊国屋」
「高麗屋」 「中村屋」 「成駒屋」「成田屋」 「播磨屋」「松嶋屋」 「大和屋」「萬屋」等

activity organization site

http://www.kabuki-za.co.jp/

歌舞伎座

歌舞伎座の公演情報、館内案内等の紹介をされています。

Actor

歌舞伎俳優
(敬称略、順不同)

歌舞伎について興味をお持ちの方のお役に立てれば、という気持ちでご紹介しています。
但し、当方はリンク先が提供する情報に関し一切関与していませんため、免責事項をご一読の上、リンク先サイトのご利用お願い致します。

お選び下さい。
掲載無料です。お申込はこちらから

Shop

関連商品

関連商品の販売店をご紹介しています。
但し、当方はリンク先が提供する情報に関し一切関与していませんため、免責事項をご一読の上、リンク先サイトのご利用お願い致します。

掲載無料です。掲載お申込はこちらから

Personal cool site

日本の伝統文化・伝統芸能・伝統芸術
当ページに関連する素敵なサイトがあれば推薦して下さい。掲載は無料です。お申込ははこちらから。

Kabuki club of the university・歌舞伎研究会/大学

当サイトはボランティアで成り立っておりますので、各種広告スペースが挿入されます。ご了承下さい。