日本の伝統文化 茶道

【茶道の歴史】
抹茶が中国より伝来したのは鎌倉時代と言われています。
鎌倉時代の僧「栄西」が日本に伝え、僧侶の間で睡魔を取り除く薬として広まりました。
室町時代になると僧侶の村田珠光が内面的な心を追求したわび茶を始め、その後、その心を受け継いだ武野紹鴎が禅の奥義にも徹し、その弟子、利休がこれを推し進め、新しい茶のあり方を開きました。
珠光から紹鴎、さらに利休によって日本の伝統的な詩情を加えた 茶道が大成したと言えます。
利休の死後、後を受け継いだ宗旦の隠居とともに、その子供達がそれぞれの流派をたて、 現在の表千家(不審庵)、裏千家(今日庵)、武者小路千家(官休庵) の三千家に分かれました。
その後、様々な流派も生まれ、今日に至っています。

※抹茶が伝来した鎌倉時代には、お茶を飲んで産地を当てる「闘茶」がブームになったとのこと。

■流派・団体サイト
茶道

activity organization site

■茶道具サイト
茶道

shopping site

■個人のクールサイト
茶道

Personal cool site

【茶道の基礎知識】

●点前(てまえ)/お茶を点てる作法を点前(てまえ)と言います。
●抹茶/濃茶(こいちゃ)と薄茶(うすちゃ)があります。
濃茶はひとつの茶碗を正客から順番に飲んでまわしていきます。
それに対して薄茶は一人一椀ずつです。
●帛紗(ふくさ)/使い帛紗と出し帛紗があります。
使い帛紗は点前で道具を拭き清めたり、拝見するときに使います。
出し帛紗は古帛紗とも言い、濃茶の折に茶碗に添えて出されます。
●扇子(せんす)/閉じた状態で膝前に置きます。決して扇いではいけません。
●懐紙(かいし)/菓子を取り分けたり、お点前中に手を清めたりする紙です。
●小茶巾(こちゃきん)/濃茶を飲んだ後に茶わんの飲み口を拭き清めるためのものです。

activity organization site

http://www.urasenke.or.jp/

裏千家 今日庵

裏千家の公式サイトです。 茶道に関する様々な情報が満載です。

http://www.edosenke.jp/

江戸千家

江戸千家の紹介と活動内容等を掲載しておられます。

schools

茶道教室

茶道について興味をお持ちの方のお役に立てれば、という気持ちで各地の茶道教室をご紹介しています。
但し、当方はリンク先が提供する情報に関し一切関与していませんため、免責事項をご一読の上、リンク先サイトのご利用お願い致します。

地域をお選び下さい。
掲載無料です。お申込はこちらから

Tool sale

茶道具

茶道具店をご紹介しています。
但し、当方はリンク先が提供する情報に関し一切関与していませんため、免責事項をご一読の上、リンク先サイトのご利用お願い致します。

  • Shopping Site

    Under Construction

掲載無料です。掲載お申込はこちらから

Personal cool site

日本の伝統文化・伝統芸能・伝統芸術
当ページに関連する素敵なサイトがあれば推薦して下さい。掲載は無料です。お申込ははこちらから。

Tea ceremony club of the university・大学茶道部

当サイトはボランティアで成り立っておりますので、各種広告スペースが挿入されます。ご了承下さい。