日本の伝統芸術 浮世絵・錦絵

【浮世絵・錦絵の歴史】
16世紀後半頃より、京都の市民の生活を描いた絵が広まり始めましたが、浮世絵として世に出だしたのは木版画による大量生産が可能になった江戸時代。
庶民の中から生まれた伝統芸術といえます。
はじめは墨1色の線で描く技法が中心でしたが、版画技術の進歩により多色化が進みました。
歌丸・写楽などに代表される美人画・役者絵を中心に、北斎・広重などの風景画など、今や世界に名をとどろかす数々の名作が生まれました。
しかし、日本国内では低俗な漫画程度の扱いで、その価値が認めたのは偶然それらの浮世絵を見た欧米人でした。
ゴッホやモネ、ドガなど世界の巨匠にも大きな影響を与えたと言われています。
その後、明治時代には10色以上の色使いが可能な浮世絵、「錦絵」が誕生しました。

●役者絵は今のブロマイド、美人画は理想の女性、風景画は絵はがき・・・・、浮世絵の「浮き世」は現実って意味。

■組織・団体サイト
浮世絵・錦絵

activity organization site

■浮世絵等販売サイト
浮世絵・錦絵

shopping site

■個人のクールサイト
浮世絵・錦絵

Personal cool site

【浮世絵の基礎知識】

●木版画/浮世絵は木版画です。彫師が下絵のとおりに板に図柄を彫って版木を作ります。
そして、摺師が版木を使い、和紙に一枚一枚、色を摺り重ねて完成します。
●価格/当時かけ蕎麦一杯程度の価格と言われており、
現代の感覚では300~400円前後と考えられる。
●大衆メディア/当時の日常の生活や風物を描いたものが多く、風俗画といえる。
江戸時代中後期には、美人画、役者絵、武者絵などのブロマイド的な作品が増加した。

activity organization site

http://nagoyatv.com/ukiyoe/index.html

浮世絵美術館

名古屋TV放送による、たいへん綺麗に構成されたバーチャル美術館です。

http://www.tvz.com/nishiki-e/index.html

NISHIKI-E

名作の数々の他、ゲームなどもあり楽しく学べるサイトです。

http://www.ukiyo-e.jp/

浮世絵ぎゃらりぃ

豊国・国芳・広重ら江戸後期浮世絵師の作品を中心に、浮世絵の魅力、浮世絵製作の手順、世界に与えた影響(ジャポニスム)などについてご紹介

http://ja.ukiyo-e.org/

浮世絵検索

テキストの代わりに画像で浮世を検索します。

artist

浮世絵師

浮世絵・錦絵について興味をお持ちの方のお役に立てれば、という気持ちでご紹介しています。
但し、当方はリンク先が提供する情報に関し一切関与していませんため、免責事項をご一読の上、リンク先サイトのご利用お願い致します。

浮世絵師からお選び下さい。
掲載無料です。お申込はこちらから

Tool sale

関連商品

音楽・その他関連販売店をご紹介しています。
但し、当方はリンク先が提供する情報に関し一切関与していませんため、免責事項をご一読の上、リンク先サイトのご利用お願い致します。

掲載無料です。掲載お申込はこちらから

Personal cool site

日本の伝統文化・伝統芸能・伝統芸術
当ページに関連する素敵なサイトがあれば推薦して下さい。掲載は無料です。お申込ははこちらから。

ukiyoe club of the university・浮世絵研究/大学

当サイトはボランティアで成り立っておりますので、各種広告スペースが挿入されます。ご了承下さい。